イラストを副業にしている人も

イラストレーターという仕事は、思ったよりも給料がもらえず、大変な仕事であるということは、インターネットで検索すればわかることでしょう。

そのため、イラストレーターとして活躍している人の中には、本業の合間に副業として、イラストレーターの仕事をしている人もいます。

こうした状況でわかるとは思いますが、イラストレーター1本で暮らしていくには、よほどの売れっ子か、企業に所属して、安定した環境の中で仕事をしていくしかありません。

なので、イラストを描くことが好きで、どうしてもイラストレーターとして働きたいという人は、頑固にならず臨機応変な対応をしていくことが必要となります。

その一つの例として、自分のやりたいことだけをやって暮らしたい!と望むなら、上述のように副業で働くという働き方もありです。

副業でイラストレーターとして働いていく際のメリットとして、本業で安定した収入を望めるだけでなく、自分の時間を大切にしながらやりたい仕事を心の底から楽しんでできるという点も挙げられます。

本業でイラストレーターとして働くことを考えると、企業で働いている場合を除き、どうしてもお金の心配がついてまわります。

その点、副業でイラストレーターをこなすことを考えると、必死さは本業のほうが上かもしれませんが、安心した状況下のほうが気持ち的に余裕ができて冷静な判断をしやすく、その冷静さはイラストを描く上で、非常に頼りになるでしょう。

ただし、本業を疎かにして、イラストレーターにのめり込んでしまい、クビになってしまったら元も子もないので、副業は副業、本業は本業と割り切ることが必要ですが、イラストレーターとしての仕事が軌道に乗ってきたら、本業と副業を交代させても悪くはないです。

また、反対に、本業にのめり込みすぎて、イラストレーターの仕事を疎かにしては、副業で働いている意味はないので、イラストレーターの仕事をスッパリと辞めるか、イラストレーターに憧れた気持ちをもう一度思い返して、もう少しだけ踏ん張ってみましょう。

初めから本業でイラストレーターとして働くことは、とても勇気のいることですが、先ほども言ったように企業で働けば、安定した生活を送ることも可能です。

そして、企業でイラストレーターとして働くためには、独学でイラストを学んでいくのではなく、イラストの専門学校に通うことが一番の近道なので、企業で働きたいと思う人は専門学校に通いましょう。

また、副業でもいいからイラストレーターとして働きたい人は、専門学校に限らず一般の大学や高校を出て、時間の都合がつきやすいような仕事を見つけて、独学で勉強しながらイラストレーターの仕事をこなしていくことをオススメします。

企業でイラストの仕事をするための専門学校

l_03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です