イラストレーターという仕事

イラストを描くのが好きだから仕事にしたいと思っても、イラストを描くことで好きな人は仕事でどんなことをしているのか、どのように仕事をもらっているのか、あまり想像が付かない人が多いかもしれません。

そこで、イラストを描きたいのならイラストレーターという職業に就くのが一般的なのですが、イラストレーターの人たちの仕事のもらい方や、業務内容などを詳しくみていきたいと思います。

04

まず、仕事のもらい方ですが、イラストレーターはフリーで活躍するか、会社に所属して活躍するのかの2パターンに分かれます。

会社に勤めるのなら、web制作会社や広告制作会社で雇われることが多いので、イラストレーターは会社でイラストを描いて待っているだけで営業だったり、ディレクターだったりが外から仕事を持ってきてくれます。

なので、イラストレーターは会社に入ってしまえば、あとはイラストを描いていくだけでお金が貰えてしまうのです。

ただし、webは当然パソコンのソフトを使えなければならないのは想像がつくと思いますが、広告制作会社であってもパソコンでイラストを描いていくことがほとんどなので、最低限のパソコンに対する知識は持ち合わせている必要があるので、専門学校に通っている内に勉強しておきましょう。

それに対してフリーのイラストレーターとして活躍するためには、自ら営業をかけなければなりません。

電話でアポを取って、実際に会ったり、メールで自分のイラストを売り込んだりする必要があるのです。

ただし、イラストはコンクールを常に開催しているので、そういうコンクールに積極的に応募し賞を取ることでイラストレーターとしての名を上げて、企業からオファーが来ることもあるので、コンクールを見つけたら絶対応募しましょう。

また、最近ではクラウド上で営業の代わりをしてくれるようなサービスも展開しているので、サービスにイラストレーターとして登録することで仕事を獲得するという方法もあります。

次に業務内容ですが、先ほど会社を挙げたように、web制作や広告などで非常に大きな役割を担っています。

他にも、小さい市場かもしれませんが、テーマパークやファッション、アミューズメント関連などの仕事もこなすことが可能です。

ただし、こうした業界はイラストレーターを正社員として雇うことは少なく、別の制作会社に依頼するか、フリーのイラストレーターにお願いすることがほとんどなので、上のような業界に興味があっても、制作会社かフリーのイラストレーターとして頑張るのが良いでしょう。

最後に、専門学校に通ってイラストレーターを目指すしている人たちに言葉を送ります。

生活の中には、イラストがあふれています。

街を歩けばイラストと出会い、電車に乗ればイラストに出会い、人と出会えばイラストに出会えます。

なので、あなたが望めば、本当に幅広く仕事ができるのだと思います。

ただし、自分の好きなように、思うままに書いていけばよいというわけではありません。

あくまでも仕事でイラストを描くのなら、依頼に沿った内容で、依頼者を納得させる必要があるのです。

若いうちは壁にぶつかることも多いかもしれませんが、壁にぶつかり続ければいつの日か壁を踏み倒して先へと行ける可能性もあるので、心が折れそうでもめげずに頑張ってください。

イラスト専門の学校に行く人はどんな人?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です