ゲーム製作の工程について

ゲーム製作にはまずゲームを企画する人がいます。

そこから、ゲームのプログラミングをするプログラマーやゲームのデザインを担当するゲームグラフィックデザイナー、ゲームの告知をする広報や営業などがいます。

043752

ゲームが利用者に届くまでにはたくさんの人が関わっているんです。

その中で、どのような分野でゲームに関わっていきたいかによって進む専門学校なども変わってきます。

ゲーム製作に関わりたいと漠然と考えている人は、今一度企画をしたいのか、ゲームの設定を作りたいのか、デザインをしたいのか、周知活動をしたいのか、を考える必要があります。

そうしないと将来ゲーム会社に就職したくても中々内定に繋がらない場合もあります。


・ゲーム製作の何がしたい?

関東圏関西圏だけでもゲームの専門学校はそれなりにあります。

2年~4年制と学ぶ年数にも差があります。

あなたが将来どのよう分野でゲーム開発に関わっていきたいのか考え直してみてください。

企画をしたいんほであれば専門学校に行くよりも4年制の大学に行って柔軟な考え方や経験を積んだほうがいいです。

企画はゲーム脳になりすぎないほうがいいですからね。

逆にゲームのプログラミング部分に関わりたいのであれば、ゲーム関係の専門学校に進学したほうがいいかもしれません。

ゲームのプログラミングではC言語という特殊な言葉が用いられます。

何も勉強したことない人はちんぷんかんぷんだと思います。

大阪のどの専門学校を目指すにしてもそこのところはっきりさせる必要があります。


・結構ゲーム関連の求人はあります。

昨今、スマホの需要拡大からスマートフォンアプリの開発に乗り出す企業が増えています。

そのため、アプリ製作の仕事が全体的に増えています。

だからか、ゲームプログラマーや企画職の採用が前年より増加しているように感じます。

ゲームの種類と幅が増えればもちろん需要が増えますからね。

関西圏や関東圏だけで見ても結構な数の求人が出ているので、目指している大手企業へ応募してもいいですし、アルバイトから入って再度基礎固めをしたいという考え方もいいでしょう。


・ゲーム製作していくために

ゲーム製作を仕事にしたい人の多くに見受けられるのですが、ゲーム制作会社はゲームばかりをやっている人をあまり好みません。

むしろ多趣味で色々なことにチャレンジするような人のほうが好まれる傾向にあります。

また、ゲームばかりの職場ではないのでコミュニケーション能力も必要です。

何かを製作する現場は色々な分野の人が関わっている場合が多いです。

そんな時にコミュニケーション能力がない人を企業は好みません。

厳しい仕事のため、精神力や肉体面でも強くなければ生き残っていけないかもしれません。

これは、関西圏関東圏の会社の括りは一切なく一般的にそういわれています。

ゲーム専門の学校で仕事につなげる