マンガを生み出す流れ

マンガを描く時には、ひと通りの流れがあります。

人それぞれで、描き方・作り方は色々とありますが、製作の基本として、皆がやっていることもあるのです。

今回は、それを説明すると共に、マンガ家がどんな日常を過ごしているのかを書いていこうと思います。

マンガを作り上げる時、まず最初にプロットを書きます。

企画書のようなもので、物語の流れや、登場人物の詳しい設定などを紙にまとめていきます。

出版社の編集さんと打ち合わせをする時にも使うものです。

ここで、担当編集者から、もっとこうした方がいいなどの指導が入ります。

次にネームと呼ばれる絵コンテを描いていきます。

コマを割って、登場人物を描いていきます。

ここまでで、どんな話の流れにして、キャラクターを動かすのかを決めます。

その後、下描きをしていきます。

そして、実際にペン入れをします。

ここでアシスタントも出番です。

大方、先生が描きますが細かい点などは先生からの指導の元、アシスタントが仕上げるのです。

ここまで終わったら、仕上げです。

消しゴムをかけたり、おかしなところがないかをチェックします。

連載を抱えるマンガ家は、このようなことを毎日こなしています。

また、ストーリーに深みを持たせるために、その業界のことを勉強しています。

現場に足を運んだり、写真を撮ったりですね。

お休みも、自分でスケジュールを調整すれば取ることができます。