独学でイラストを学ぶことだってできます

イラストを学びたい!と思った時に、すべてを学校やスクールに頼ってしまってはいけません。

なぜなら、イラストは決して自分一人だけで学べないという分野ではないからです。

確かにイラストを描く上で、知識や技法などは専門学校やスクールで要領よく教わったほうが早いです。

しかし、自分で調べてノウハウ本やサイトを見て学んだ方が、自分の能力としてしっかりと頭に入り易いこともあります。

イラスト系専門学校に入学すると、入っただけで満足してしまい、せっかく学ぶ環境があるにも関わらず、能動的に授業を受けている人が多いです。

それでは、意味がありません。

もし受け身や義務感で授業を受けているのなら、自分一人でイラストのことを学んでいる人のほうがイラストの技術も向上するでしょう。

そのため、2年間イラスト系の専門学校に通ってぼーっと授業を受けるくらいなら、講座を受けて自分に足りない知識・技術を補完しながら委託で仕事を請けていくのも一つのイラストレーターとしてのあり方ではないでしょうか。

最初は実力が伴わず仕事の依頼が中々来ないかもしれませんが、何年も勉強しながら描き続けていればイラストレーターとして成功を収めることができるかもしれませんよ。

イラストの描き方をスクールで学ぼう!

イラストを学ぼうと思ったときに、多くの人はイラスト系の専門学校を思い浮かべるのではないでしょうか。

確かにイラスト系の専門学校でイラストを学ぶことが出来ますが、時間やお金の面を考えると専門学校に通うことが難しい人もいるでしょう。

そんなときに考えてほしいのは、イラストを学ぶのは決してイラスト系の専門学校だけではないということです。

例えば、専門学校と類似していますが、イラスト系のスクールでもイラストの知識や技術を学ぶことはできます。

スクールは国から認可された学校ではないので、専門卒の称号はもらえませんが、専門学校と学ぶことの違いはありません。

むしろ、時間に追われている社会人やフリーターの人は、スクールで学んだほうが時間の融通はつけやすくなっています。

なぜなら、専門学校と違って卒業に必要な時間数というものがないからです。

イラスト系の専門学校でみっちりとイラストを学ぶのか、スクールに行って私生活と両立しながら学ぶのか、自分のライフスタイルと照らし合わせてよく考えてくださいね。

絵が下手でもイラストを描きたい人

「イラストを描きたいけど、絵が下手だから専門学校に行って上手くなろう」

という考えを持っている人は、大きな間違いです。

専門学校に期待したところで、その人自身が変わろうと思わないのなら、専門学校に行ったところで大きな変化を期待することは難しいでしょう。

そこでなのですが、絵が上手い人たちと、絵が下手な人の決定的な違いは何でしょうか?

幼少期を思い返してください。

よっぽどの芸術の才に恵まれた子供でなければ、どの子供たちの絵も大して絵の上手さに違いはないと思います。

では、いつからどのようにして、絵の上手さに差が出始めたのか、それは単純な理由で、絵が上手い人は多くの絵を描いてきたのです。

絵が上手い人たちは、休み時間、授業中、放課後、ちょっとした空き時間にノートとペンさえあれば好きなように絵を描き続けていました。

対して絵が下手な人たちは、そういう空き時間を他のことに費やしていませんでしたか?

この積み重ねが、絵の上手い人と下手な人との差を決定付けたと思います。

だから、絵が上手くなりたいのなら、専門学校に通う以前に自分でたくさんの絵を描いて、絵が上手い人たち以上の努力をするように心がけてください。

専門学校に通うなら、そこがスタートラインです。