絵が下手でもイラストを描きたい人

「イラストを描きたいけど、絵が下手だから専門学校に行って上手くなろう」

という考えを持っている人は、大きな間違いです。

専門学校に期待したところで、その人自身が変わろうと思わないのなら、専門学校に行ったところで大きな変化を期待することは難しいでしょう。

そこでなのですが、絵が上手い人たちと、絵が下手な人の決定的な違いは何でしょうか?

幼少期を思い返してください。

よっぽどの芸術の才に恵まれた子供でなければ、どの子供たちの絵も大して絵の上手さに違いはないと思います。

では、いつからどのようにして、絵の上手さに差が出始めたのか、それは単純な理由で、絵が上手い人は多くの絵を描いてきたのです。

絵が上手い人たちは、休み時間、授業中、放課後、ちょっとした空き時間にノートとペンさえあれば好きなように絵を描き続けていました。

対して絵が下手な人たちは、そういう空き時間を他のことに費やしていませんでしたか?

この積み重ねが、絵の上手い人と下手な人との差を決定付けたと思います。

だから、絵が上手くなりたいのなら、専門学校に通う以前に自分でたくさんの絵を描いて、絵が上手い人たち以上の努力をするように心がけてください。

専門学校に通うなら、そこがスタートラインです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です