声優のオーディション対策

声優に関係するオーディションというのは、毎月いくつも開催されています。

その中には、純粋に声優になるためのオーディションもあれば、声優として役柄を勝ち取るためのオーディションもあります。

028045

このサイトを見ている人のほとんどは、前者のオーディションを受けているでしょう。

●声優のオーディションは特殊?
声優のオーディションというのは、歌手や俳優など、芸能界の他のジャンルのものと違いがあるのでしょうか?

中には、違いがないという人もいると思いますが、明確な違いは、何よりも声質が重要視されるということです。

地声というよりは、マイクにのった時の声を審査されます。

そして、声優オーディションを受ける人のほとんどが、専門学校や養成所で勉強をしています。

本当の素人が受けていることの方が少ないのです。

声だけで表現するというのは、それほど特殊なことですし、声優の場合は、他のエンターテインメントと違って、どのように演技しているのかを、私たちが見ることはほとんどありませんし、声の作り方も判りません。

謎の多い業界なので、専門的な機関で勉強してきた人が受けやすいのです。

●審査基準は?
謎の多い声優のオーディション。

審査基準が気になりますね。

現在、声優と言えども歌手、女優、バラエティタレントなど幅広い分野で活躍していますから、それ相応の実力と才能が必要です。

そして、ルックスも重視される現状となってきています。

しかし、俳優の中でも二枚目俳優、三枚目俳優、個性派俳優がいるように、全ての声優が美しくなければならないというわけではありません。

清潔感と親しみやすさが大事みたいですよ。

審査員も、ひとりの社会人ですから、一緒に働きたいと思わせたもの勝ちです。

また、オーディションによって、求めている人材は違います。

そのオーディションの趣旨を見抜いて、自分をアピールするのが勝利の決め手です。

演技力が大事なのか、歌唱力なのか、フリートーク能力なのか。

それはオーディション毎に違います。

送る履歴書や写真も、受けるオーディション毎に変えていった方がいいでしょう。

それも作戦のひとつです。

「絶対に受かりたい」という思いを伝えるのであれば、それぞれ志望動機も練り直した方がいいからです。

●レッスン経験が最大の武器に!
審査の時、緊張するのは当たり前です。

特に、何もレッスン経験がない人の緊張は他の人を凌ぐでしょう。

場慣れしているというのも、自分の実力を発揮するためには必要なことです。

オーディション合格にむけて、実力を伸ばす努力をするのは当たり前です。

ボーカル訓練、発声練習、滑舌の訓練、ダンスレッスン、演技レッスンなど、できることは山ほどあります。

一番は学校に通うことですが、独学でもできる方法が、世の中には山ほど溢れているので、探してみましょう。

努力は裏切りません!

声優の練習もいいけど、自分で作品を作ってみたい! という希望の方はライトノベルスクールに通うのもいいですね。

ライトノベルスクールは主要都市であれば各都市に1校以上はあります。

近年のライトノベル作家希望者の増加によりライトノベルスクールの数は増えてきています。

ライトノベルスクールでコツコツと能力を育て、あなたの夢を叶えましょう。