予習で先取り

学生生活中は予習を意識するようにしましょう。

予習することは授業内容が理解しやすくなり、なおかつ自主性を育てることにもつながります。

自主性があれば仕事のレベルで壁にぶつかっても乗り越えることができます。

予習は精神力がいるように思われますが、特に難しいことはありません。

学校が勧める教科書に目を通してみて、試すだけでも十分予習になります。

ゲームグラフィックデザイナーであればデッサンから入るでしょう。

ゲームプログラマーならプログラミングに使うc言語やc++などの習得から始めるでしょう。

とにかく目指すべき職業に必要な知識と知恵、技術を自分から習得していきましょう。

初歩の段階では、やりたい気持ちさえあれば理解できるレベルまで落とし込んでいます。

誰でも理解できるレベルなのであとは本人の意思によります。

学校では受身で問題ないのですが、仕事となると自主性がなければやっていけません。

未来を見据えて予習する習慣を作るようにしましょう。

予習は自主性になり、そして人生に変わります。

学生のうちに予習するかどうかが”人生の分かれ道”です。