東放学園映画専門学校について

東放学園映画専門学校にはアニメーション映像科があり、2年制を採用しています。

2年間で、アニメーション作製に必要な作業工程を学んでいくカリキュラムが組まれており、具体的には、色彩設定・キャラクターデザイン・キャラクター設定・絵コンテ・レイアウト・動画・仕上げ(デジタル彩色)・撮影(合成・特殊効果)などです。

そして、これらのカリキュラムを現役で活躍しているアニメ業界のプロが直接指導します。

講師1人ではなく、講師全員が現役のクリエイターなので、非常に心強いでしょう。

講師は、現場を知っているからこそ、教えられることが幅広いです。

なので、講師から吸収できる技術やノウハウは、将来絶対にあなたの役に立ちます。

卒業生がアニメ業界で様々に活躍をしているのも、講師陣を現場のプロで固めたことによる授業の質の高さからかもしれません。

ちなみに、東放学園映画専門学校の学費ですが、1年次納入金額が135万1610円。2年次納入金額は115万4千円となっています。

その他にも、費用は諸々かかりますが、ネット上には載っていないので、詳しく知りたい場合には資料請求をしてください。

そして、興味を持った場合にはぜひ、学校見学に行って雰囲気を肌で味わってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です