ゲーム攻略本が作られるまで

ゲーム攻略本の多くは著作権を持つ大手のメーカーが商品開発と並行して作られています。

ゲーム製作者が実際にプレイしながら基本的なゲームの進め方を説明するほかに、キャラクターやモンスターの詳細情報も盛り込まれているので、ゲームマニアにはその情報を知ることを楽しみにしていることがあります。

攻略本のに載せる情報の中には規制がかけられていることがあり、これは「発売して何日後」などプレイヤーの状況を予想して売上をより上げる狙いから行われています。

こういったこともありゲームが発売してから日にちが経過した攻略本ほど情報量が詰まっている傾向があります。

現在では膨大なデータ量のあるゲームが開発されるようになったので、1,2,3や上下巻に分かれたものまで発売されるようになりました。

また、インターネットの普及も進み攻略サイトが開かれていることもありますが、素人意見で終わっているものや肝心な個所が抜け落ちているなど、問題点も多く残っているので必ずしも良いものとはいえません。

信用ある情報はメーカーが握っていますが、ごく稀にプレイヤーが偶然見つけたバグも公開されることがあるので、ゲームの攻略方法を探すことも一つの楽しみ方と言えます。

女性がまだまだ少ないゲーム業界

最近では持ち運べるゲーム機や育成ゲームや頭を使うゲームなどが出てきていて女性がゲームに触れる機会が増えてきましたが、それでもまだまだゲーム業界へ進出してくる女性は少ないです。

まだまだゲーム業界は男性がメインとなっています。

それでも、スマートフォンアプリの普及により、占いやソーシャルゲームの利用が増えたため、女性目線でのゲーム開発も進められているのも事実です。

そのような企業やプロジェクトでは女性の活躍が期待されています。

しかし、それでも、女性がゲーム会社で働いているというと所謂”オタク”として認識されてしまいます。

ゲーム会社の企画を担当するような人だとオタクではない人も多いですが、どうしても技術職だけを見るとオタクだと思われてしまうんでしょう。

ここに関しては事実ですからね。

ですが、日本のゲームは世界に排出されるだけの人気があります。

まだまだ悪いイメージが払拭できていないゲーム業界ですが、これからの進歩の仕方によって明るい方向に向かっていくでしょう。

女性の細やかな発想などでまた違ったゲームの形が生まれるかもしれません。