女性がまだまだ少ないゲーム業界

最近では持ち運べるゲーム機や育成ゲームや頭を使うゲームなどが出てきていて女性がゲームに触れる機会が増えてきましたが、それでもまだまだゲーム業界へ進出してくる女性は少ないです。

まだまだゲーム業界は男性がメインとなっています。

それでも、スマートフォンアプリの普及により、占いやソーシャルゲームの利用が増えたため、女性目線でのゲーム開発も進められているのも事実です。

そのような企業やプロジェクトでは女性の活躍が期待されています。

しかし、それでも、女性がゲーム会社で働いているというと所謂”オタク”として認識されてしまいます。

ゲーム会社の企画を担当するような人だとオタクではない人も多いですが、どうしても技術職だけを見るとオタクだと思われてしまうんでしょう。

ここに関しては事実ですからね。

ですが、日本のゲームは世界に排出されるだけの人気があります。

まだまだ悪いイメージが払拭できていないゲーム業界ですが、これからの進歩の仕方によって明るい方向に向かっていくでしょう。

女性の細やかな発想などでまた違ったゲームの形が生まれるかもしれません。