グラフィックデザイナーの給料

グラフィックデザイナーとして働いていく際には、必ず気にかけるのは給料ですよね。いくらデザインが好きといっても、給料が伴っていなければモチベーションも上がってきません。
グラフィックデザイナーという仕事は所属する企業の規模によって給料が大きく違うのが特徴です。
大手広告代理店の場合は30代で年収1000万円という人もいます。中小規模の代理店やプロダクションだと初年度年収が300万円を切るようなこともありますが、平均年収としては300〜430万円というデータがあります。上から下まで開きがありますが、平均としては希少価値があるにしても意外と少ないのが現状です。

専門学校で一生懸命に勉強して、せっかくグラフィックデザイナーになっても、給与や労働環境的に抱いていたイメージと違って辞めてしまうような人も多く見られます。

フリーランスのグラフィックデザイナーは会社員時代の経験が非常に重要です。クライアントを独立後に引き抜くのはタブーですが、独立してまもないデザイナーは年収300万円以下になることもしばしばあります。コンスタントに仕事が入るようになれば年収700〜800万円というのも望めますし、あなたの頑張り次第で上限はありません。