ゲームが好きなことは大前提!

ゲームが好き!

ゲームのことなら任せて!

まず、そういう人でなければゲーム会社で働いていくことは厳しいでしょう。

大体の人がゲームに何かしらの興味があるからゲーム関連の仕事を行おうと思ったんですよね?

もちろんこの気持ちは確認するまでもない大前提のことだと思っておいてください。

これ以外にに企業があなたに求めてくるのは「言語能力」「ゲーム以外の知識」「やる気」です。

昨今では海外に進出するゲームが多くなっています。

その為、外国語ができるというのはプラスで評価されます。

特に大手のゲーム会社を目指している人はその点を意識して勉強をするのがいいでしょう。

関西圏関東圏でさしたる違いはありません。

語学ができる人は求められています。

また、ゲーム業界以外の知識がある人も求められています。

昨今では、ゲーム!というようなゲームより、頭の活性やダイエットなどをメインにしたような従来とは違うゲームが人気を博しています。

このようにこれからもゲームに興味がなかった層を如何に取り込めるかでゲーム会社が生き残れるかが左右される時代になってきました。

ゲーム関係の学校に行こう!

お金はかかりますが、ゲームのことについて学ぶならゲーム系の専門の学校に行くのが一番いいのではないでしょうか。

ゲーム専用の学校ならゲームの開発に必要な知識や技術を教えてくれます。

プログラマーを目指す人にはなければならない知識でしょう。

そして、将来を見越したチームでの共同制作ができるのは魅力的でしょう。

ゲーム製作は実際の現場でも色々分野の人たちが力を合わせて一つのゲームを作っていきますからね。

それを学生の内に経験できるのはいい経験です。

また、同じ業界を目指す仲間が近くにいるのも刺激を与え合えます。

しかし、反対に企画職やプランナーを目指すのであれば、このようなゲームの学校は向きません。大学へ行くべきでしょう。

ゲームを製作する人と企画を考える人では求められる能力が著しく異なります。

そこを知っておかないと誤った進学をしてしまうかもしれません。

女性がまだまだ少ないゲーム業界

最近では持ち運べるゲーム機や育成ゲームや頭を使うゲームなどが出てきていて女性がゲームに触れる機会が増えてきましたが、それでもまだまだゲーム業界へ進出してくる女性は少ないです。

まだまだゲーム業界は男性がメインとなっています。

それでも、スマートフォンアプリの普及により、占いやソーシャルゲームの利用が増えたため、女性目線でのゲーム開発も進められているのも事実です。

そのような企業やプロジェクトでは女性の活躍が期待されています。

しかし、それでも、女性がゲーム会社で働いているというと所謂”オタク”として認識されてしまいます。

ゲーム会社の企画を担当するような人だとオタクではない人も多いですが、どうしても技術職だけを見るとオタクだと思われてしまうんでしょう。

ここに関しては事実ですからね。

ですが、日本のゲームは世界に排出されるだけの人気があります。

まだまだ悪いイメージが払拭できていないゲーム業界ですが、これからの進歩の仕方によって明るい方向に向かっていくでしょう。

女性の細やかな発想などでまた違ったゲームの形が生まれるかもしれません。