産学共同プロジェクトから学べるもの

プロと一緒に開発を行う「産学共同プロジェクト」からは、第一線にいるプロのゲームクリエイターと一緒に働けるという貴重な体験を積むことが出来ます。

ゲーム制作における学生の実習とプロの制作の違いは、責任/制作の規模/締め切り/金銭というまさに労働というものに関わってくる要素の有無だといえます。

しかしひとつひとつのゲーム制作や開発は全く同じものであるといっていいでしょう。

ただゲーム制作のプロであることは時間との勝負であるともいえるので、不必要な要素をいかにして省き時間の短縮を図っているかということは参考になるはずです。

また依頼されたものをゲームグラフィックデザイナーとして具現化出来るかということも重要です。

いくら質が高いものを作ったとしても、依頼者の意図から外れてしまっていたらゲームグラフィックデザイナーとしては優秀だとはいえないでしょう。

産学共同プロジェクトではプロのゲーム制作者のそういった要素を学べるよい機会です。

ゲームグラフィックデザイナーとして長く働く

ゲーム制作は肉体的にも精神的にも負担が大きくかかる仕事なので、ゲームグラフィックデザイナーとして常に現場で長く働いている人は多くはありません。

制作者として名作ゲームを作れたという手応えを感じるために誰もが努力を続けています。

ゲーム制作のモチベーションは名作ゲームを世に送り出してユーザーに届けることですが、時間的に考えてそう何作もの名作ゲームの制作が出来るとは限りません。

その理由はある程度の年齢でディレクターなどの指示を出すポジションに出世する人が多いことと、途中でゲーム制作の仕事を辞めてしまう人がいることです。

専門学校では長期に渡ってゲームグラフィックデザイナーとして働けるように、センスを磨くことと最新ソフトの技術をつけることを通して努力し続けることを教えていきます。

そのような基本的な創作の態度が備わっていればゲーム制作の現場でも、もしそこをやめたとしても精力的に仕事を続けることが出来るでしょう。

そのためにも良質なゲームグラフィックの専門学校に入って学ぶことが大切だといえます。