日本工学院クリエイターズカレッジの全容

日本工学院でアニメ業界への就職を目指すのなら、マンガ・アニメーション科があります。

マンガ・アニメーション科では、業界で求められるクリエイターを目指すため、幅広い技術から知識を学ぶことが可能な4年制を採用しています。

4年間という学びの環境の中で、他の専門学校の2年制では得られない更なるスキルアップを目指します。

授業の中には、現場の雰囲気を経験するカリキュラムが組まれていて、プロの仕事を理解するには最適と言えるでしょう。

また、日本工学院の4年制を無事に修了すると「高度専門士」の称号を得ることができます。

学位と同レベルの称号なので、就職にはとても有利に働きます。

4年制の他に、基礎からアニメを学べる2年制も併設していますが、2年が終了して、もっとアニメを学びたい気持ちが芽生えたなら、4年制への編入をすることが出来るので、2年制で様子をみたいという人にも最適です。

そして、日本工学院の学費は、4年制が4年間で5,049,110円。2年制では、2,625,650円です。

決して安くはない金額なので、入学を決意する前に、資料を請求したり、一度学校見学で話を聴いてよく考えましょう。

東京デザイナー学院の特徴

東京デザイナー学院のアニメ業界を目指す学科には、アニメーション科があり、その中で、アニメーション専攻・コンピュータアニメーション専攻・アニメキャラクター専攻の3つの専攻にわかれています。

それぞれの専攻の特徴を挙げていくと、まずアニメーション専攻では、作画やCG技術、絵コンテ・シナリオなどのアニメーションに欠かせない基礎を学んだあとで、プロと同等の実践的な技術を学んでいきます。

次に、コンピュータアニメーション専攻では、現代のアニメーションはデジタル製作がほとんどなので、コンピュータを駆使し、多彩な表現・製作ができるようなカリキュラムを組んでいます。

最後にアニメキャラクター専攻では、魅力的なキャラを描き出す力を養い、作品全体の魅力に繋がるようなキャラを生み出せるような人材を育成しています。

そして、これらの専攻に進むための学費ですが、一年次で135万円、二年次で136万4千円かかるそうです。

学費以外にも、教材費や研修費などもあるので、詳しく知りたいのなら、資料請求をしたり、学校見学に行ったりしてみてください。

専門学校HALとは

専門学校HALでは、アニメ業界を目指す学科として、CG映像アニメーション学科の4年制がある。

専門学校HALは、業界のプロを招いて直接CG映像・アニメーションを指導するので、実践力がつきやすいことが魅力の1つとして挙げられる。

また、現場で直接使われているプロ専用のソフトやハードをマスターすることができるので、現場ですぐに求められる技術や知識を在学中に学んでいくことが可能となっている。

そして、他のアニメ専門学校が2年制を採用している中、4年間じっくり学ぶため、やはり就職実績が優秀であるのも魅力である。

また、就職実績だけでなく、肝心の技術面でも様々なコンテストでも上位に成績を収めているので申し分ないだろう。

その他にも、海外留学を考えている人に対して、パリ校への留学システムもあり、日本だけに留まらず海外でも活躍の場があることも魅力的だ。

誰もが気になるであろう、専門学校HALの学費は、1年次年間合計金額は134万円で、2年次以降は、資料請求をして確認するか、学校見学に行ってみると知ることが出来るだろう。

東京アニメ・声優専門学校の詳細

アニメ業界への就職を目指す上で専門学校は避けて通れませんが、その専門学校の内の1つである東京アニメ・声優専門学校には、アニメ総合製作科アニメクリエイターワールドがあり、その中でさらに6つの専攻にわかれています。

そして、それぞれの分野を活かして、在学中にオリジナルアニメーションを最低で3つは製作していきくのですが、オリジナルアニメを作るので、アニメの作業工程を学ぶことが可能です。

そして、授業の内容としては、基本的なパソコンの使い方から、業界で使用されているソフトを実際に使い学んでいきます。

就活対策として、産学協同プロジェクトで在学中にデビューをする機会も豊富にあるだけでなく、Wメジャーカリキュラムシステムもあるので他専攻を選択受講可能なので、在学時からより幅広くアニメ制作に携われることが出来るのです。

そのため、あなたの可能性の幅は広がり、就職にも良い影響を及ぼします。

東京アニメ・声優専門学校の学費は、初年度納入金アニメ総合製作科は131万円です。

しかし、全てを払う必要はないほどの、学費サポートがあるので、調べてみましょう。

詳しく知りたい場合は、資料請求をして、それでもわからないことがあったら、体験入学してみましょう。

アミューズメント総合学院って?

アニメーターを目指すための専門学校であるアミューズメント総合学院(AMG)では、アニメーション科があり、その中でさらにアニメーターコースとアニメ監督・演出コースの2つのコースにわかれています。

アニメーターコースでは、初心者からプロになれるカリキュラムを組んでいます。
アニメーションに大切な、作画・演出・パース・デッサンの4項目をメインにデジタル技術も授業で学んでいくのですが、様々な分野の授業を受けることで各自の適性にあった職種を見つけやすくなり、見つけた各自の才能を、より専門的な授業で伸ばしていくのです。

アニメ監督・演出コースでは、企画書やシナリオ・絵コンテなどの立て方、制作の仕方を初めから学んでいきます。
授業の中には現役プロから直接指導してもらえる機会もあり、また、少人数制を採用しているため、現役プロの話を聞きやすい環境となっています。

参考までに、AMGの学費は、1年次165万円、2年次は110万円です。

これ以外にも諸々の経費がかかることもあります。

また、学費の変更もあるかもしれないので、詳しくは資料を取り寄せてみてください。

ヒューマンアカデミーの実態

アニメの専門学校であるヒューマンアカデミーゲーム・アニメーションカレッジには、アニメーション専攻があり、2年間で3DCGモデリングや合同政策、CGI、2DOG、デッサン、キャラクターデザイン、コンピュータ概論、担任ゼミなどと言った業界で求めるアニメーターとしての技術・知識を在学中に学べるカリキュラムを組んでいます。

ヒューマンアカデミーゲーム・アニメーションカレッジの特徴として、基礎から映像技術のことを学ぶことができ、しっかりと身に付くからこそ幅広い業界への就職を可能にしていることが挙げられます。

また、様々な人を感動させられるようなエンターテイメントを表現できる人材を育成することを目標に掲げていて、志も非常に高いです。

そして、ヒューマンアカデミーでは、講座という形で夜間でもアニメーションを学ぶことができ、昼間忙しい大学生や社会人にとってもありがたい存在となっています。

気になるヒューマンアカデミーの学費は、入学金30万円、初年度学費110万円です。

二年次の学費や研修費などの詳細については、資料請求をしてください。

そして、ヒューマンアカデミーに少しでも興味を持ったなら、気軽にオープンキャンパスへと足を運んでみてくださいね。

東放学園映画専門学校について

東放学園映画専門学校にはアニメーション映像科があり、2年制を採用しています。

2年間で、アニメーション作製に必要な作業工程を学んでいくカリキュラムが組まれており、具体的には、色彩設定・キャラクターデザイン・キャラクター設定・絵コンテ・レイアウト・動画・仕上げ(デジタル彩色)・撮影(合成・特殊効果)などです。

そして、これらのカリキュラムを現役で活躍しているアニメ業界のプロが直接指導します。

講師1人ではなく、講師全員が現役のクリエイターなので、非常に心強いでしょう。

講師は、現場を知っているからこそ、教えられることが幅広いです。

なので、講師から吸収できる技術やノウハウは、将来絶対にあなたの役に立ちます。

卒業生がアニメ業界で様々に活躍をしているのも、講師陣を現場のプロで固めたことによる授業の質の高さからかもしれません。

ちなみに、東放学園映画専門学校の学費ですが、1年次納入金額が135万1610円。2年次納入金額は115万4千円となっています。

その他にも、費用は諸々かかりますが、ネット上には載っていないので、詳しく知りたい場合には資料請求をしてください。

そして、興味を持った場合にはぜひ、学校見学に行って雰囲気を肌で味わってください。

イラストの専門学校ではクリエイターコースが充実しています。

イラストの専門学校では、さまざまな分野でのクリエイターを育成するコースが設けられています。

例えば、イラストレーター・絵本作家コースやゲーム・CGクリエイターコース、マンガ・アニメーションコースなどです。

特に人気の高いコースは、昨今のIT業界の日進月歩の背景から、ゲーム・CGクリエイターコースが挙げられます。

それぞれの専門学校にもよりますが、いずれのコースも一般的な2年制から長期的にじっくり学ぶことができる4年制を採用しているところが多く、各コースでは、イラストレーションを通じて、多様なものを魅力的に彩る感性を育て、各コースの専門性を生かしたプロフェッショナルな人材を育成できるシステムとなっています。

また、社会人向けに門戸を開いているイラストの専門学校も数多くあり、働きながら通うことができる夜間コースを設けたり、3か月という短期でプロフェッショナルなクリエイターを育てる社会人限定のコースを設けているところもあります。

イラストの専門学校における業界のサポート

イラストや漫画作り・アニメーショングラフィックなどが学べる専門学校の一つに代々木アニメーション学院があります。

この専門学校では、人気マンガ雑誌を発行する大手出版社の編集者を招き、生徒一人ひとりの作品をチェックしてもらう、出版社審査会を開催しています。

参加している出版社としては、講談社「週刊少年マガジン」編集部、秋田書店「週刊少年チャンピオン」編集部、角川書店「週刊少年エース」編集部、小学館「ちゃお」編集部、集英社「ジャンプスクエア」編集部などです。

これらの業界大手出版社との関わりを持つ機会は、ここに限らず、専門学校に入ってイラストの仕事を目指される方にとっては、作品を自己満足に終わらせずにプロからのアドバイスをもらうことできる貴重な機会になるようです。

同じような機会を設けている専門学校は多くあるようですので、自分が目指す専門学校にこのような業界との関わりを持つ機会があるのかどうかを調べてみることも良いかもしれません。

イラストを学ぶための専門学校の評判・評価方法

イラストレーターや漫画家などデザイン系の専門学校は数多くありますが、どの学校に通うべきなのかを考えるときには、「評判が良い」という一言だけで片付けずに様々な要素を検討する必要があります。

様々な要素とは、過去に卒業した人の実績、業界との連携の強さ、働きながらイラストを学びたい人もいるので夜間土日の施設利用可否、実際に通っている人の評価、そして費用、などです。

それぞれの要素について少しだけ話すと、まず、過去に卒業した人の実績は、その学校に問い合わせる、または、ホームページに掲載している情報を確認する方法があります。

ただし、過去に卒業した人たちはそれなりの努力をされているわけですから、専門学校に入学したからといって、同じようになれると限りませんので注意が必要です。

次に、業界との連携の強さは、かなり専門学校によっても違うのでそれぞれのホームページに行って、どんなことを実施しているのか確認する必要があります。

例をあげると、業界大手の代々木アニメ―ション学院は、年に20回、有名出版社の編集者による出版社審査会を行い、出版業界とのつながりを強化しています。

このようなプロとの関わりは、専門学校を選ぶ上で、とても大きな要素となってきます。

また、学べる時間についてですが、費用次第で様々な時間帯での受講が可能なコースを用意している学校もあります。

「評判が良い」と一言で言いますが、何が良いのかはこれらの要素を比べてみる必要があるようです。