イラストの専門学校で学んだことを仕事で活かすために

将来はイラストレーターとして働きたいという希望があっても、イラストを基礎から専門学校で学ぶという人も珍しくはありません。

イラストを学ぶ学校として、専門学校と大学での違いは、仕事としても活かせるように基本的なことから学ばせてくれるのが専門学校になっています。

なかには独学でイラストを勉強している人もいますが、やはり技術的なものを一から学ぶには専門学校に通っておくと安心できるでしょう。

また、企業に就職を考えている人は、専門学校の就職サポートを受けることだけでも行く価値があるでしょう。

社会に出てから、学んだイラストを使ってどのように仕事にしていくのかを考える場としても「専門学校」という場所は最適な環境です。

なぜなら周りには同じような目標をもっている人ばかりですし、今のイラスト業界ではどのようなもことが求められるのかを、冷静に判断してくれる講師もいるからです。

一人では解決できないことでも、周りの経験のある人たちの力を頼ることによって良い答えを見つけ出すことが出来ることも専門学校のメリットの1つでしょう。

イラストの専門学校の海外研修

イラストの専門学校の中には、海外研修を行っているところもあります。

海外研修を実施することによって、芸術的な美術品を見ることや、日本との製作現場の違いを見ることなど、日本だけでは決して体験することの出来ない環境を味わうことが出来るのです。

また、海外の学生と交流をすることによって、今までとは違う世界観を味わうことも可能になります。

これがきっかけで、世界デビューを目指す人も現れるそうです。

ちなみに、専門学校で行く海外研修ですので、現地での受け入れ態勢も比較的整っていて、安心安全にイラストを学ぶことができます。

海外研修では、研修を行う場所で学ぶことだけがすべてではなく、移動する間に風景を眺めるなどのことでも刺激を受けることは間違いありません。

その刺激が、それぞれのイラストにも反映してくるので、今までになかったポートフォリオが出来る可能性もあります。

出来上がったポートフォリオが、将来につながるかもしれないので、海外研修も専門学校選びの参考にしましょう。

イラストでの進路は専門学校のアドバイスも必要

イラストを専門学校で学んでも、進路に悩むこともあるかもしれません。

しかし、1人で悩む必要はありません。

なぜなら、専門学校には経験豊富なアドバイザーや講師といった進路相談のプロがいるからです。

プロは、自分自身が描いていた将来像と、卒業時の技術と希望などを考慮して適切なアドバイスをしてくれます。

例えば、イラストを制作して編集社に持ち込むような仕事がしたい場合には、数多くの経験のもと、持ち込みをするまでの実践的なアドバイスをもらえるのです。

また、専門学校の中には、現役で活躍されている方からの技術テクニックや情報を教えているところもありますので、リアルな現場の情報を知ることも可能です。

イラストと一言で言っても様々な種類の職種があるので、自分が目標とする進路に対して的確な指導をしてくれるところが専門学校に通う一つのメリットになります。

どのような進路があるのかは、入学する前に大体のことを聞いておくのも早めに検討出来る方法でもあります。

イラストの専門学校は全国に多数ある

全国には、意外と多くのイラストの専門学校が存在します。

しかし、その中でも細かく専攻が分かれている場合もあるので、地元にあるからといって安心せずに、自分自身が学びたいコースなのかをきちんと調べておく必要はあります。

他にも、自分自身が検討している専門学校の特徴を知っておくことが大事になります。

そして、専門学校の中には、他の学校と差別化するために特徴的な授業や実践などを用意している場合があるので、その授業や実践が、自分の学びたいイラストにも活かすことが出来るのかを知っておくことも選ぶポイントの一つです。

全国的に見てみれば多くの専門学校があるので、1つ見つかったから終わりにしないで、比較するために、他の専門学校の中に同じような取り組みを行っている学校はを探すことも重要です。

安易に専門学校を決めるのではなく、自分自身にあった最適な学校を全国の中から見つけ出すことが、将来に繋がってくるのです。

条件に合う専門学校が多く存在するということは、選択肢が広がっているということですが、通う学校を決めることが難しいことでもあるので決定には充分な検討が必要です。

イラストの専門学校では継続的な勉強が重要です。

イラストの専門学校では、入学後に継続的な勉強を怠らずにコツコツとやっていくことが、卒業後の就職を成功させる重要な鍵となります。

実際に、卒業生の中には、在学中の努力が実り、大手企業への就職に成功した先輩が数多く存在します。

また、イラストの専門学校の多くは、AO入試や特待生制度を利用しない限り、一般入試では、それまでのイラスト経験が問われることはありません。

つまり、入学条件のハードルが低い分、入学後のスキルアップは本人次第ということになります。

入学前にイラスト経験があっても、就職活動段階で有利に働くということはほとんどないので、イラスト未経験の人も安心して入学してください。

就職活動において大事なことは、学生生活を通して、どんなアルバイトを経験して、どのような作品を作り、どのように企業に貢献するかを具体的に表現できるようになっていることが就職活動を有利にするのです。

そのためには、専門学校が提供するカリキュラムやサポートサービスを積極的に活用し、自発的な勉強を継続的に行っていくことが大切です。

グラフィックデザイナーになるためにすべきこと

ゲームのグラフィックデザイナーになりたいからといって、必ずしもゲームのグラフィックデザインの研究だけをしていては上達しません。

あらゆるジャンルのグラフィックに触れることこそが、ゲームのグラフィックデザイナーとしての引き出しを増やすことにつながるのです。

市場に出回っているゲームグラフィックのほとんどは、全てオリジナルで生み出しているわけではありません。

むしろそうしたイメージだけでグラフィックをデザインすることは稀で、ほとんどの人が日常を過ごしている中でヒントを見つけて、オリジナルへと昇華しています。

なので、ゲームだけでなくあらゆることに興味を持ちましょう。

興味を持つジャンルは何でも良いです。

人でも家でも動物でも風景でもスポーツでも興味を持ったら持つ分だけ、ゲームのグラフィックデザイナーとしての引き出しを蓄えることが出来るでしょう。

ゲームのグラフィックデザインは新しいものを生み出す仕事です。

過去の作品ばかり見ていても、新しいものは生まれにくいので、その事を覚えておいてくださいね。