大阪文学学校で小説を学ぼう

大阪文学学校は1954年に設立した、文学を志す人のための学校。
現在17~92歳まで幅広い年齢層の人が学んでいる。
開設されているのは本科昼間部(1年)・本科夜間部(1年)・本科通信教育部(1年)。

本科昼間部(1年)は、小説クラスが3つと詩・エッセイクラスが1つあり、その中のどれかに所属し、担任と創作作業に励むような形となっている。

本科夜間部(1年)は、小説クラスが2つと詩・エッセイクラスが2つある。
これも上記同様創作作業を中心に行っていくクラスだ。

本科通信教育部(1年)は、大阪文学学校の近郊に住んでおらず、通うのに困難な人向けに設けられたクラス。
「書く」「読む」「出会う」という3つがメインとなっている。

そして同校は、在校生だけでなく一般の人向けにも講座を開設している。
このように、色々なものに触れて考えていくことも創作には大切なものだと思う。

また大阪文学学校では、25歳以下の人に奨学金制度を用意している。
金銭面で進学を悩んでいる人は、是非とも制度を利用して学んでもらいたい。

アミューズメントメディア総合学院(AMG)東京校で小説を学ぶ

アミューズメントメディア総合学院(AMG)では、小説を学ぶためのノベルス学科が開設されています。

AMGのノベルス学科は小説業界デビュー者が全国でもトップクラスという実績を持っているので、どこに進学すべきか迷っている人はオススメです。

AMGの指導内容は、現場で実際に使える技術をカリキュラムに取り込んでいるのが特徴です。
初心者からでもプロを目指している人が多く通う学校であり、小説を書くにあたり大事な発想力を養うことに重点を置いています。
そしてデビューに向けて、プロの作家や編集者があなたを徹底的にサポートしていきます。
それ以外にも、個別指導室・少人数ゼミ・編集部批評会・産業共同カリキュラムなど、豊富にあなたをプロの道へ導く指導体制が整っています。

実際にたくさんの卒業生が小説業界などで活躍していますが、しっかりと学んだからこその結果です。
学校に入ったらそれで終わりではありません。
入学した後に如何に努力するかで将来のデビューが決まってくるでしょう。

デジタルアーツ東京のノベルス学科で学ぼう

東京にあるデジタルアーツ東京は、マンガ・アニメ系の学校であり、ノベルス学科で小説について学ぶことができる。
ちなみに、ノベルス学科はノベルスコースとシナリオコースの2コースが設けられているので、それぞれの特徴について知っておく必要がある。

ノベルスコースでは、プロの作家が個別指導を行う。
今まで培ってきた感覚を大事にしながらも、新しい発想力や分野を開拓し、実践的なノベルスを書くことができる人材を育成するのが目標だ。
ライトノベル・小説家・その他色々な業界で求められるようなライターになれるカリキュラムを組んでいる。

シナリオコースは、個人のアイディアをストーリーとして組み立てていく力を養う。
起承転結を意識した物語構成、第三者にメッセージを伝えるようなしっかりとした文章力がある人材を育成するカリキュラムとなっている。

ノベルスと言っても上記のように小説を書くのか、物語を組み上げていくのかでだいぶ変わってくる。
自分が何をしたいのか、どのようなものを書いていきたいのかを考えて学校を選択する必要があるだろう。