アプリ制作|成功する企画の考え方

新しい顧客を集めたり、プロモーションをしたりするためにアプリを作ることが増えていますよね。アプリがあると、そのショップへの安心感にも繋がります。
ではいざアプリ制作を行おうと思うと、なにから始めたらいいかわかない……。
技術はアプリ制作会社に任せればいいかもしれませんが、作る内容は自分たちで考えなければいけません。
成功するアプリ制作の企画の考え方を知れば、ユーザーに沿った内容のシステムを作れます!


pexels-photo-441795

アプリ制作!成功する企画を考え方を知ろう

考えるポイント① なぜアプリ制作するのか

アプリ制作を考えているのなら、向上させたい・改善したい問題があるはずです。そのポイントをしっかりと考え直し、どのようなアプリ制作をすれば解決できるのか検討しなければいけません。
目的な定まらないまま、アプリ制作をしてしまうと余計なサービスを付け加えたり逆に機能が足りなかったりして満足なものが完成しない可能性があります。

考えるポイント② ターゲットユーザーは見えているか

アプリ制作を「こんなサービスは面白いんじゃないか」という思いこみで進めることは危険です。どんなに素晴らしいサービスでも、求める人がいなければアプリ制作をしてもダウンロードはされません。
シンプルなシステムであってもターゲットユーザーが求めているアプリであれば、ダウンロードはどんどんされるのです。
まずは自分たちのターゲット層、そしてターゲット層が求めている機能を考えましょう。

考えるポイント③ 自分たちのメリットを追い求めていないか確認

「この商品を買ってほしい」など自分たちにとってのメリットを押し付けるアプリは、ユーザーに受けません。商品を見ている途中で宣伝が入ってしまうなど、ユーザーにとって面倒と感じてしまうシステムは盛り込まないよう要注意。
ユーザーを第一に考え、そこから自分たちのメリットになる機能を加えていきましょう。

まとめ

せっかくアプリ制作をするのなら、たくさんの人に使ってもらえるシステムにしたいですよね。ターゲットユーザーのことを考えて、質の高いアプリ制作を行っていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です